代表メッセージ
『人間性重視の組織を構築する』
代表取締役社長福井 康夫
 私が採用活動において、何よりも重視しているのは「メディアフラッグの考え方」に合う人物なのかです。今現在の皆さんの能力よりも大事なのは、「人間性」「人柄」「成長志向」です。「能力」よりも「人柄」、「学歴」よりも「人間性」、「競争」よりも「協調」、「今の能力」よりも「将来の成長」です。もちろん日々の仕事においては誰にも負けない努力で必死に戦い競合企業にも勝っていかないといけません。でもそれは個々人のためではなく、仲間のためであり、社会のための努力であるべきなのです。
 経営理念にある「人間性重視の組織を構築する」とはまさにこのことを指しています。「Mediaflag Way」は我々の行動指針です。日々我々は何を基準として行動すべきかと具体的に示しています。「誇り」「感謝」「他責NG」「謙虚」「努力」「一体感」「創造力」「変化対応」「スピード」「目標」「夢」「誠実」。是非全てを確認して下さい。そしてこの考え方に共感共鳴する人だけが弊社の人財採用に応募してもらえれば良いと思います。
 メディアフラッグはまだまだ成長過程のベンチャー企業です。経営理念にある通り我々の仕事のやりがいは「社会性」「自己成長」、そして「対価としての報酬」です。成長している組織では、「社会からの期待」つまり仕事の「社会性」を大きく感じられます。そして組織の成長も早い。それに追いつくために日々皆必死に努力をして「自己成長」していきます。つまり伸びている組織においては「社会性」と「自己成長」を最も実感出来るはずです。これぞ我々が目指す経営理念です。私はメディアフラッグの社長として、この経営理念をより大きく広く実現することが自分自身の人生の目的だと思っています。我々と一緒に是非「大きな社会性」を創る努力をしていきましょう!