社員紹介
入社の経緯は何ですか?
メディアフラッグの「経営理念」に共感したことが一番の入社理由です。
就職活動中、数多くの説明会に参加する際、会社概要ばかりで経営理念等にはあまり目を向けていませんでした。
しかし、メディアフラッグの説明会で経営理念の「社会性ある事業の創造」の説明を受け「ここで働きたい!」と率直に思いました。
入社当初は、何の知識も経験もない私がメディアフラッグで働くことが出来るのだろうか?という戸惑いもありましたが、社員の方々が温かく迎え入れてくれたお蔭ですぐに自分の居場所も見つけることが出来ました。
そして現在ではこの経営理念は自身のモチベーションを上げる為に欠かせないものとなっています。今後も初心の気持ちを忘れずに謙虚な姿勢で頑張っていきたいと思います。
仕事内容を教えてください
流通支援事業部の仕事は主に案件全体のコントロール、クライアントとの窓口、分析・提言の取りまとめとなっています。
細かな内容としては、窓口としてクライアントとの打ち合わせ後、社内でMTGを行い、案件の準備をしていきます。そして調査に必要な設問やマニュアル作成、円滑に調査を進めていけるようスケジュール調整を行います。
その他にもクライアントとの折衝やメディアクルーに向けた対面研修を行うことも多々あります。
このように私たち窓口担当はクライアントやクルーと密にコミュニケーションを取って行けなければならない為、「コミュニケーション」が最も重要な業務の一つになります。
仕事のやりがいは何ですか?
初めて担当したクライアントから「メディアフラッグに調査を依頼して売上が上がりました」と言われ、この仕事のやりがいを実感しました。
企業の抱えている問題に対して、私たちの仕事が改善のヒントや気づきになるということは、とても素晴らしいことですし、貴重な経験だと思います。
その他にも様々なクライアントとコミュニケーションがとれることが魅力の一つです。
決して楽な仕事ではなく辛いこともありますが、私たちの行っていることが「社会貢献」に大きく関わっていると思えば自然と頑張れます。
同じ業務の繰り返しではないので、日々新しいことの連続ですが会社の成長を肌で実感することができるとてもやりがいのある仕事だと思います。
今後メディアフラッグでやりたいことは何ですか?
現在クライアントとの打ち合わせや営業活動が主な業務ですが、調査後の企業に対しコンサルティングもしていける提案力を身に付けていきたいです。
メディアフラッグの調査を有効活用するにはどうしたら良いのか、その企業と同じ立場で考え問題解決をしていければと思っています。その為にはまだまだ勉強が足りないので自己啓発を怠ることなく取り組んでいきます。
まずは基本である「コミュニケーション」に力を入れ、先輩方の話術を見習い自身の引き出しを増やし、説得力のある話し方を身に付けていきたいと思います。「習うより慣れろ!」の精神で場数を踏み成長していきたいです。
応募者へのメッセージ
メディアフラッグの最大の長所は「人の良さ」だと思います。実際に会社で嫌味のある人や意地悪な人は一人もいませんし、チーム一丸となり仕事に取り組む姿勢は皆同じです。
私は新卒で入社し始めの1年間は現場で学びその後本社へ異動となったのですが、その時も社員の先輩方々は温かく迎え入れてくれました。
業務内容も大事ですが、良い会社のポイントは「人の良さ」にあると思います。
楽な仕事はないですし、辛いときもありますが最終的には良いメンバーが居ることで乗り越えることが出来ます。
私はまだまだ未熟者ですが、メディアフラッグで働くことで人としても成長していければと思っています。
今後、事業が拡大しどんどん新しいメンバーも増えていくと思いますが、その時は社員全員で温かく迎え入れるので、ぜひ共に頑張りましょう!