募集要項 ─ キャリア採用 ─
募集要項 | リサーチャー職(東京)
募集職種

リサーチャー職

当社はミステリーショッパーをはじめ、飲食・サービス業を中心としたクライアントに各種リサーチサービスを提供し、大手企業を中心に年間250社、9万件もの調査を実施。 
 
ミステリーショッパーの調査結果を通じて顧客の声をクライアントに届け、現場改善のサポートを行ったり、グループインタビューで消費者のニーズ、ウォンツをとらえ、クライアントのマーケティング活動をサポートしています。 
 
私たちがあなたにお約束できる様々なやりがいについてご説明させてください。 
 
 
■クライアントと共に現場改善に取り組むやりがい 
 
全国に在籍する25万人の「メディアクルー」その中から能力別に格付けされた「フラッグクルー」が中心となり、 
お客様の視点で店舗を調査します。 
 
調査結果を基にレポートを作成するだけでなく、店舗の課題解決への取り組みや将来へのシナリオの提案など、クライアントの売上UPのために長く伴走します。 
 
 
■消費者の代弁者としてのやりがい 
 
グループインタビュー、出口調査などで消費者の生の声をクライアントに届け、サービス改善・メニュー改善に活用していただいています。 
 
人を使ったリアルな調査結果を導き出せることが当社の特長。消費者の声を正しく伝えることを常に意識して業務にあたっています。 
 
 
■人材インフラが最大の強み 
 
あなたが所属する「リサーチ&コンサル事業」の立ち上げは2006年。 
販売支援を行ってきたラウンド事業で、全国に配置された人材のインフラを活用し、リサーチができないかという大手企業様からの依頼がきっかけ。 
 
クライアントの課題解決や売上拡大には、全国規模で展開できるリサーチが武器になることを実感。「リサーチ&コンサル事業」がスタートしました。 
 
現在は「ミステリーショッパー」「グループインタビュー」「出口調査」が主なリサーチメニューですが、今後はさらに25万人の人材インフラを活用し、多種・多様なリサーチメニューを展開する予定です。 
 
私たちと一緒に店舗店頭の改善に役立つリサーチメニューをクライアントに提供しませんか?

 

仕事内容① 【リサーチ業務】

店舗展開をする企業を中心に、調査の設計、実査コントロール、報告書作成までのリサーチャー業務全般
 
【具体的には】
 店舗展開をする企業に対して、調査結果を基に様々な提案を行います。 
 
 ■基本的な業務の流れ 
 
 クライアントに調査結果を活用する目的を確認 
   ▼ 
 調査項目の内容などを検討・確定 
   ▼ 
 クルーに対して指示。案件の内容に応じて勉強会を実施することも 
 定量化の難しい調査などでは数値化ための基準合わせの研修なども行います 
   ▼ 
 調査結果をレポートにまとめ、検閲、納品 
 
 
 ◆案件は数万~数千万円、1週間の短期から6ヶ月以上の長期、1店舗から全国チェーンまで、 
  オープン時のマニュアル作成や拡大期におけるオペの課題発見など様々。 
 ◆レポート納品後に、これまでの実績と照らし合わせ、 
  これから起きるであろう事例を挙げ、対策などの提案も行います。 
 ◆新規案件は他の部署が担当しますが、 
  ひとつの事例をきっかけに他部署からのご依頼をいただくこともあります。 
  自分の嗅覚を活かして新規アプローチもお願いします。 
 ◆店舗運営の人事や総務の責任者、ときには社長じきじきに提案を行うこともあります。 
  自ら仕掛け、売上拡大などでしっかりと結果を導き出せる実力が身につきます。  
 
 
 【事例1】 
  調査は店舗の粗探しやその犯人探しに陥りがち。 
  長所を伸ばすことで欠点を修復し、店舗力向上につなげる提案を行う。 
 
  「グラスや皿が空く」「メニューを見る」「スタッフが来る」では遅いという、
  調査レポートから見えてきたお客様の要望を踏まえ、ファーストドリンク90秒以内、
  ファーストフード8分以内に提供する、「90秒8分ルール」を直営店全店で徹底。劇的な売上拡大につながりました。 
 
 
 【事例2】 
 
  全国のカーディラーのショールームの写真納品。 
  各地のディーラーが規定に則って販促活動を行っているかのチェック。 
  各ディーラの取り組み意欲を評価しつつ基準を徹底することが目的。 
  全国の人材配置が役立った事例。 
 
 
 【その他の事例】 
 
  全国に110数行ある銀行のうち30行とのお取引はこの業界ではトップクラス。 
  接客におけるクオリティなど定量化の難しい項目を数値化しレポートで納品するなど、飲食以外での実績も築き上げています。